2014 ポッパー べスト3

MENU

ショア青物用トップルアーおすすめランキング ポッパー編

ツバス

 

ショア青物用トップルアーおすすめランキングベスト3、続いてポッパー編です。

 

ぼくが選んだショア青物用ポッパーべスト3は、

 

スカジットデザインズ パンプキン
KAMIWAZA(カミワザ) デコポップスリム
ダイワ ドラドポッパー

 

です。(^^)

 

 

1位 スカジットデザインズ パンプキン

 

 

スペック

  • 110mm 30g
  • 140mm 43g

 

青物のトップルアーと言えばダイビングペンシルによる誘い出しが主流となっていますが、アピール力という点ではやはりポッパーに分があるのではないでしょうか。

 

1位にあげたパンプキンは、ぼくが最も好きなポッパー。正直、ポッパーはこれだけあればいいとも思っています。(^^)

 

 

1.飛距離

後方重心・空気抵抗の少ないフォルム、そして飛び姿勢の良さで、圧倒的な飛距離を叩きだします。下手なメタルジグよりもよく飛びます。

 

110mmと140mmで13gのウェイト差がありますが、140mmは空気抵抗が増える為、PE2号、60gを背負えるロッドで投げた場合、飛距離的には110mmも140mmもあまり変わりはありません。

 

そのため110mmを使うことが多いですが、アピールを強めたい時には140mmの出番になります。

 

2.高い足場からの使いやすさ

フルキャストした状態からしばらくは、相当強いジャークでもまずミスポッピングすることはありません。

 

強いショートジャークで大きな飛沫とポップ音、ロングジャークで泡をまといながら、ズボッ!ズドン!と野太い音を立ててダイブします。

 

見ていて、聞いていて惚れ惚れしちゃいます。(^^ゞ

 

ルアーが半分くらいの距離まで来たら少しジャークの力を緩めるか、連続ショートジャークに移ります。

 

近くまで来たら回収してもいいですが、ルアーを追って岸近くまで来ている魚もいるのでぼくはここでよくドッグウォークさせます。

 

ドッグウォークもその場でテーブルターンするようなキレのいい動きですよ。(^^)

 

3.コスパ

110mmサイズが1,900円台、140mmサイズが2,200円台で購入できます。GTにも使えるようなルアーですから、コスパは良いと思います。

 

ただ難を言えば、現在、110mmサイズの在庫が極端にすくないこと。(2014年10月1日現在)140mmはあるんですけどね・・・。

 

メーカーさんの生産を待つしかないのですが、もし店頭でもヤフオクでも在庫を見つけたらとにかく『即買い』です!(^^;

 

 

購入情報はこちら

 

 

2位 KAMIWAZA(カミワザ) デコポップスリム

 

デコポップスリム

 

コスパを重視すると言いながらここでもウッド製ルアーが出てきて申し訳ないのですが、これはぼくの中では外すことができないポッパーです。

 

名前の通りスリムなボディとバリエーションのあるサイズ展開でパンプキンとのローテーションで使っています。

 

スペック

  • 110mm 24g
  • 110mm Hira-SP(ヒラスズキスペシャル) 17g
  • 130mm 35g
  • 145mm 47g
  • 160mm 63g

※ウェイトはすべて適合フック装着後

 

1.飛距離

ぼくは110mm 24gと130mm 35gを中心に使っていますがスリム形状なので110mmサイズでもびっくりするほど飛びます。

 

パンプキン110mmよりも少しボリュームを落としたい時にこいつの110mmの出番です。130mmサイズはパンプキン140mmとの間を埋めるサイズとして使用します。

 

どちらのサイズもウッドらしいスカッとした飛び具合です。(^^)

 

2.高い足場からの使いやすさ

 

ショアからの使用を前提に開発されたというコンセプトと、ウッド製ならではの水絡みの良さで、ミスポッピングは少ないです。

 

スリム形状ながらパンプキンに負けず劣らずのビッグスプラッシュ、ポップ音、気泡をはらみながらのダイブとアピール力は抜群です。

 

またこいつのドッグウォークは特筆モノ。パンプキンはドッグウォークさせるのにやや癖があるのですが、デコポップスリムは普通のペンシルベイトの感覚で使えます。

 

ポッパーとして使いながらルアーを変えることなくペンシルとしても使えるのでとっても便利。(^^)

 

3.コスパ

 

110mmサイズが3,200円台、130mmサイズが3,400円台、145mmサイズが3,600円台、160mmサイズが4,000円台で購入できます。

 

デコマサUと同じく、ウッド製としては安価な部類ですよね。塗装も抜群に強いです。

 

ポッパーとしてもペンシルとしても使え、110mmサイズはシーバスにも使えるので、やはりデコマサUと同じく1つ持っておいても損はないと思いますよ。(^^)

 

 

購入情報はこちら

 

 

3位 ダイワ ドラドポッパー

ドラドポッパー

スペック
140mm 40g(フローティング)
140mm 56g(シンキング)

 

ぼく的にはシンキングポッパーの使い方が分からないので、(^^;使っているのはフローティングタイプです。

 

1.飛距離

パンプキンやデコポップスリムに比べると飛び方は鈍重な感じで、実際、パンプキン110mmよりも飛距離も落ちますが、40gなりの飛距離は出ています。

 

これだけ使っていたら十分だと感じる飛距離だとは思います。(^^ゞ

 

2.高い足場からの使いやすさ

まずまず強めのジャークでもミスポッピングは少ないです。左右に分かれたツインカップマウスの効果でスプラッシュはかなり派手め。

 

あまりダイブすることはないのですが、その分、スプラッシュはパンプキンやデコポップスリムよりも大きいかもしれませんね。

 

ポッピング以外に、高速リトリーブすることで水面直下を泡をまといながら泳ぎます。ちゃんと首ふりもできますよ。(^^)

 

3.コスパ

フローティングタイプ、シンキングタイプともに1,900円台で購入できます。140mmサイズのポッパーが1,900円ですから、コスパは最高ですよね。(^^)

 

 

購入情報はこちら

 

 

 

 

 

ダイビングペンシル編 ベスト3はこちら

 

 

『ショア青物用トップルアー ランキングベスト3』のトップに戻る

スポンサードリンク

関連ページ

ダイビングペンシル
ショア青物用ダイビングペンシルの2014 ランキングベスト3を紹介します。